姉活

姉活体験談!男性側からの目線

姉活女子のミサコだよ!

今回はいつもと違う感じでいきます。

なぜなら初の姉活をした人に体験談を書いてもらったのです!!

では、いつもと違った感じの姉活体験談(男性目線をお楽しみください!)

男性体験記事

ママ活が最近色々なメディアで取り上げられて話題になっていますね。

その原因は男子高校生が年齢を偽ってママ活をして補導されたニュースがきっかけです。

 

この記事を読んでいる高校生諸君は回れ右して閉じてください。

 

この続きを読むのは成人してからにしましょう。

 

はい!ここから先を読むのは成人してる方だと思って書きます!

 

結論から言えば、僕はママ活をしてもらう事ができました!

その際、実際のママ活はどうだったのか?

なぜママ活に成功したのか?を書いていきますので、少しはヒントになるかもしれません。

 

ママ活しようと考えたきっかけ

ママ活とは、お金に余裕があってお金のない若者と、ご飯やデートに行ったり若者を応援したい女性の方が、お金を出して支援してくれることです。

また性的関係を持つことはないと言われています。

 

私の予想に過ぎませんが、お金のある女性は遊び相手には困っていないと思います。

 

本当に応援や支援をしたいのだと思います。

 

つい先日とあるツイートがバズったことがきっかけで会社を作って欲しい、有名ではないけど知ってたら役立つサイトを作って欲しいとか色々頼まれました。

会社を作るって…普通の会社員やアルバイターではまず無理です。

起業するのは色々な地位を捨てなければなりません。すぐに出来るものではないからです。

会社を作るだけなら今の時代は40万円ぐらいあれば誰でも作れます。

でも儲かる会社を作るのは誰でも出来るものではありません。

相当難しくて時間がかかります。失敗すればまた色々なもの失います。

でも私の場合は無職です。失うものが何もないのです。

だからって無職にそんなこと頼む?www

まぁ頼む方や応援するだけの人は気が楽ですよ。応援が失敗するとかないですもん。

頼む方や応援するだけの人は失敗して色々なものを失うことがないからね。

でも応援された方は違います。応援されることによって承認欲求を満たせるわけですから。

人って一度欲求を満たされたらまた同じような方法で承認欲求を満たそうとします。

自分の知らない人から多くの人に応援される経験ってなかなかありませんよね?

そんな応援されたら誰だって期待に応えようとするじゃないですか。

しかも「一緒に作りたいです。」という人が来るわけですよ。

だってあるツイートがバズっただけですよ?

それだけで来るなんて思わないでしょう。

「ご飯代を出しても良いから会いたいです!」という方も居ました。

その時はびっくりしましたよ!

普通の人なら発生しないイベントが次々と起きてます。

こんなのがあったら誰だってワクワクするに決まってるじゃないですか?

その思いに応えるため色々なものを捨てて、また成功させるために自分の持っていた貯金を全部使って投資しました。

その結果次にお金が入って来るまでに3週間もあるのに7000円を切ってしまいました。

普通に1日3食の生活をしてたらまず無理です。

自炊出来る環境であればまだ実現することができます。

しかし成功させるためにそれが出来ない環境に身をおいていました。

もうどうするんだよ???と悩んでいた時に奢られて生きようとなぜか考えてしまったのです。

そこでママ活というのがあるじゃないか!!!と思い浮かんだのです。

速攻で動きました。生きるために必死でした。

その時にツイッターでDMをおくりました。

その時は一度サイトを見てから行動しなさいと言われました。

すぐにサイトを見ました。そしてサイトに書かれていたことを実践しました。

その結果会うこととなりました。

もっと都会でもてなしたかったのですがを自分のよく知っている最寄り駅でもてなすことに決めていました。

ママ活スタート

結局金もなく会う予定は翌日だったのでその日は飯も食わずに野宿しました。

会った時は夕方ですでにすごくお腹空いた状態で眠い状態でした。

そもそも1週間1日1食生活でした。もう限界でした。

そんな様子を察されたのか分かりませんが、ロマンスカーに乗せてくれました。

お腹空いていてとても立っていられる状態だったので凄く助かりました。

ロマンスカーは一般の快速急行と時間が同じなのでわざわざお金を払ってまで使う人はいないと思っていました(笑)

人生で初めて乗せて貰ったのですがとても快適でした。

取り敢えず1週間ほとんど何も食べてなかったので"たくさん食べよう"、"君のお店に合わせよう!"、"とにかく肉をたくさん食べよう!"と言われ私は5秒で安安を選びました。

残念ながら1週間のヤバ過ぎる食生活を送っていたので胃が受け入れずたくさん食べれませんでした。

食べ放題の店に来たのにあまり食べられませんでした。

とりあえず時間使っていっぱい食べました。

時間はたくさんあったので、他のカフェに行きました。

そこで色々な話をしました。そして成功するためのアドバイスも頂きました。

ミサさんと話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

そのまま解散かなと思っていたのですが、

「君はこれからも色々な人に会い、奢ってもらい、色々な"縁"を作りなさい。
"やがて沢山の縁が集まれば円ができる。"これだけは今日覚えて帰っていきなさい。
でも君は良い意味でも悪い意味でも馬鹿だから忘れにくいようにこの財布を上げるよ!
これで"円"という存在を忘れることが出来ないでしょう。でもこれを使うのは成功してからにしなさい。
まだ完全に成功していない君には似合わないから。
あなたが成功してこの財布を使うようになった時、気に入らないなら自分でもっと良いものを買いなさい。
そしてこの財布が気に入らなかったなら次は君が支援する側となり新しい縁を作りなさい。

とアドバイスと財布を頂きました。

まとめ

私が色々あって死にかけていた時に今回助けていただいた恩は忘れません。絶対に成功させるしかないです。

この体験談を読んで何か得られるものはあったでしょうか?

この体験談から何かを得てくれたら嬉しいです。

 

だって(*‘ω‘ *)

私に媚びているのか分からないけどそういう風にいってくれると嬉しいね!

姉活応募⇒こちらから

 

 

-姉活

© 2020 姉活ナビ Powered by AFFINGER5